HOME -> SCHEDULE
SCHEDULE
1月
  • 1日
  • 元旦
3月
  • 17日〜23日
  • 春彼岸会
4月
  • 8日
  • 花まつり
8月
  • 8日〜16日
  • 盆会
9月
  • 19日〜25日
  • 秋彼岸会
12月
  • 31日
  • 除夜の鐘〔23:45頃から〕
SCHEDULE
二十四節気
旧暦での季節の区分で、1年を24等分したもの。二十四節気をさらに3つに分け、1年を72等分した七十二候という季節もあります。
立春
冬と春の分かれ目で、春のはじめをいう。
雨水
雪や氷が解け、草木が芽吹く頃。農耕を始める目安。
啓蟄
冬ごもりの虫が目覚め、這い出て来る頃。
春分
昼夜の長さがほぼ等しくなる頃。
清明
すべてが清く明るく、草木の花も咲き始める頃。
穀雨
穀物を潤す恵みの雨が降り注ぐ。種蒔きの時期。
立夏
山々に緑が目立ち、夏の気配を感じ始める時期。
小満
陽気もよく、草木が次第に生い茂る頃。
芒種
穂の出る植物の田植えを始める時期。
夏至
北半球では昼が最も長く、夜が短い日。
小暑
梅雨があけ、本格的な暑さが始まる頃。
大暑
1年中で最も暑い日という意味。
立秋
秋の始まり。この日以降の暑さを残暑という。
処暑
暑さもおさまり、涼しい風が吹き始める頃。台風の時期。
白露
夜、大気が冷え込み、朝方、草木などに露が宿る時期。
秋分
秋彼岸。春分と逆で、北半球ではこの日を境に昼が夜より短くなる。
寒露
朝露も冷たく感じられ、秋も深まってくる時期。
霜降
朝夕の気温が下がり、霜が降り始める時期。
立冬
日も短くなり、冬の気配を感じるようになる頃。
小雪
わずかながら雪が降り始める頃。お歳暮の準備をする時期。
大雪
北風が吹き、平地でも雪が降り、本格的な冬の到来。
冬至
北半球では昼が最も短く、夜が長い日。
小寒
「寒の入り」ともいい、寒さが一段と厳しくなる時期。
大寒
1年中で最も寒さが厳しい時期。
SCHEDULE
着帯祝
妊娠5ヶ月目に安産を願い、戌の日を選んで寺社に詣でます。
七夜の祝
生後7日目に初めて名をつけます。
宮参り
男子は生後32日目、女子は33日目に寺社に詣でる式。
喰初祝
生後120日目に米飯魚肉を食べさせます。
初節句
生後初の節句で、女児は3月3日、男児は5月5日(生後21日以前は翌年に行います)。
七五三祝
男女児ともに3歳を髪置、男児5歳を袴着、女児7歳を帯解の祝いとして、11月15日寺社に参拝します。
成人式
男女ともに満20歳を祝います。
還暦祝(満60歳)
60年で再び生まれた年の干支に還ることを祝う式。
古希祝(数え70歳)
「人生70古来稀なり」
喜寿祝(数え77歳)
喜の字の草体が七十七と読まれることから。
傘寿祝(数え80歳)
傘の略字が八十と読めることから。
米寿祝(数え88歳)
米の字を分解すると八十八になることから。
卒寿祝(数え90歳)
卒の通用異体字が九十と読めることから。
白寿祝(数え99歳)
百から一をとれば白になることから。
上寿祝(数え100歳)
人の寿命を上・中・下に分けた、その最長のもの。